So-net無料ブログ作成

2019天皇賞秋 [競馬予想]

カデナが確実に復活しつつある。たまたま運が悪くて差し切れないレースが続いているが、毎回、最後まできっちり伸びるようになっている。直線まで待って追い出すレースができれば、ひょっとすると今回は届くかもしれない。嘉手納飛行場が名前の由来かと思ったが、永遠の愛の象徴である南京錠が由来と知り、さらに好走を確信した。後藤騎手を鞍上に躍動した兄スズカコーズウェイを上回る活躍を期待する。

もっとも、特にアクシデントがない限りは、衆目の一致するとおり、サートゥルナーリアが圧倒的な強さで押し切ってしまうはず。ダービーの内容からも、東京コースは向いている。サドラーズウェルズの血が入っているので、闘争心で主観的運動強度を引き下げることができる。INSOUMISの著者であり、凱旋門賞を二度も制覇しているスミヨン騎手へと鞍上を強化し、万全の体制を敷いた。アクシデントがなければ、この馬が順当に勝つだろう。他に気になる馬はいなかった。

【購入馬券】:カデナの単勝100円、サートゥルナーリアの単勝100円

追記


nice!(1)  コメント(0) 

2019菊花賞 [競馬予想]

我が曾孫の勝利を願う。

【購入馬券】:メロディーレーンの単勝100円、複勝100円


追記


nice!(1)  コメント(0) 

2019秋華賞 [競馬予想]

台風で大変なことになりそうなので,予想を掲載するのが不謹慎ではないかと迷う前にアップすることとした。オークスではフェアリーポルカを本命としたが,残念な結果に終わった。秋華賞の方が向いてそうであり,掲示板には乗るのではないか。この馬に先着する馬を探そうと思い,いろいろ情報を集めた。その過程で,角居調教師が昨年に調教停止処分を受けていたことや,再来年に厩舎を解散する予定であることなどを知った。サンデーサイレンスの最高傑作を管理した調教師が業界から去っていくのは寂しいことだ。今回,エスポワールを出走させるが,バレークイーンの名前を久しぶりに目にして嬉しかった。メジロマックイーンの血を引いているので,久々のレースも苦にしないはず。これが本命の1頭。

もう1頭,気になるのはサトノダムゼル。母ダリシアはフランスのコンピエーニュ大賞で3着に入っている一方,父ディープインパクトもフランスのレースで失格になった経験を有しており,血統的な迫力は他馬を凌ぐものがある。レースぶりを見ても,あ,これちょっと凄いわという印象で,レース経験を積み重ねることでどこまで強くなるのだろうかと楽しみになる。ちょうど兄・アニマルキングダムの日本への種牡馬としての導入が決まったというニュースが飛び込んできたところであり,タイミングが良過ぎる感じもするが,この馬がもう1頭の本命。どっちか当たりそう。

【購入馬券】:エスポワールの単勝100円,サトノダムゼルの単勝100円

追記


nice!(1)  コメント(0) 

2019Prix de l'Arc de Triomphe [競馬予想]

久しぶりにテレビで観戦する凱旋門賞。番狂わせは起こりそうになく,安心して見ることができそうである。英愛から何頭か来ているようだが,特に怖そうな馬はいない。チェコの馬もそんなに怖くないかな。SOTTSASSがラストスパートを決めて決着を付けるという当たり前のゴールシーンばかりが頭に浮かぶ。万一,同馬が力を出し切れない状況が生じるとすれば,勝つのはWALDGEISTではないか。今年の充実ぶりは著しく,崩れることはなさそう。いずれにせよ,フランス馬のためのレースとなる。

心情的には応援したいが,日本馬3頭はサドラーズウェルズの血が入っていない上,きれいに整地された馬場でのトレーニングが多いこともあり,どうしても俊敏な動きができない部分がある。今年も残念な結果に終わるのではないかと思う。強いていえば,両親がロンシャン競馬場で走った経験があり(母はPrix Vermeille5着に入っている),フランス語由来の名前を持つフィエールマンが最も期待できるのではないかと思う。5着くらいには食い込み,日本馬の意地を見せて欲しい。

【購入馬券】:SOTTSASSの単勝100円,WALDGEISTの単勝100円(日本で買うよ)

追記


nice!(1)  コメント(0) 

2019宝塚記念 [競馬予想]

平成8年の京都大賞典,このレースを偶然見た。日本の競馬に興味なんてなかった。たまたま池袋のビックカメラの大画面の前を通りかかっただけ。でも,私は見てしまった。勝った馬を見てしまった。赤い覆面の栃栗毛を見てしまった。マーベラスサンデーを見てしまった。生きているのが素晴らし過ぎる。人生に新たな楽しみが加わった瞬間だった。競走馬としても種牡馬としても,マーベラスサンデーは期待したほどの結果を残してはくれなかったけれども,宝塚記念を勝ったときは本当に嬉しかった。まさか3年前に他界していたとは…

しばらく競馬を見ていなかったから,今年の宝塚記念は知らない馬ばかりで予想が難しい。3歳馬のレースは過去3戦くらい見れば何とかなるけど,古馬はそうもいかないから。もちろん,タツゴウゲキを応援したい気持ちはあるけれども,さすがに馬券を買う気にはなれない。リスグラシューは母がフランス馬なので強いはずだが,能力分だけ走ったら終わりという感じで愛想がない。音無厩舎・㈲社台レースホース・社台ファームということで人気を集めるだろうけど,スティッフェリオが無難に勝利するのではないだろうか。

【購入馬券】:スティッフェリオの単勝100円,複勝100円

追記


nice!(1)  コメント(0) 

サブ3.5 [走る]

競馬を見ているうちに,ランニングというものをより深く理解したいと思い,自ら走るようになった。シリアスランナーのようには練習時間を確保できないため,主にランニングフォームに関する文献を読み漁り,何とかサブ4ランナーにはなったが,その後,なかなかタイムが縮まらない。私の場合,食欲が旺盛であるため,なかなか体を絞ることができない。同じレベルのランナーと比較すると,明らかに全身の皮膚が厚く,ふくらはぎも太い(いつもスタートラインで恥ずかしい思いをしている)。月間走行距離も50kmくらいで,かなり少ない。そのため,絞り切れない体重と練習量の少なさをタイムが縮まらないことの言い訳とし,自分を甘やかしてきた部分があることは否定できない。

次のシーズン(概ね9月〜3月)こそ,タイムを大きく縮めたい。少なくともサブ3.5ランナーにはなりたい。練習量が確保できないとか,体重が絞れないといったことを言い訳にして,進歩がない状態に甘んじるのはやめよう。とはいえ,数年頑張って大きな進歩がないのだから,思い切って手法を変えなくてはならない。ということで,数か月後に向けて,筋力をつけることを優先したトレーニングを開始した。もう一つ,これまでは短時間でギリギリまで追い込む練習を心がけていたが,それをやめて余裕残しで切り上げようと思う。万一,来年3月までにサブ3.5ランナーになれない場合には,さっさと見切りを付けて別のことに挑戦するつもり。
nice!(0)  コメント(0) 

2019東京優駿 [競馬予想]

「競馬のことは全く知らない」と書いたのは嘘。ただ,何年も全く見てなかったのは事実。なので,ロードカナロア産駒がJCを制しているのを知って驚いたし,ハービンジャー産駒がそこそこ活躍しているのも意外であった。ジャスタウェイの古馬になってからの活躍も知らなかった。好きだった馬や競馬人が既にこの世を去っていたことを知ったときはショックだった(後藤騎手のことだけはニュースで知っていた。CD処分してしまって後悔している)。「競馬なんか興味ない」という生き方を続けることもできたが,先日,断捨離しようと思って残り約75年の人生でやるべきことを絞った際,どういうわけか競馬だけが外から加わってしまった。競馬が好きなんだろうし,自分なりの視点で好き勝手な予想をしても他人に迷惑をかけないことが向いているのだと思う。ただ,距離適性は長めなので,2000m未満のレースには手を出さないつもり。

皐月賞では先に抜け出したヴェロックスにサートゥルナーリアが迫ったが,ダービーでも同じような展開になるのだろう。この2頭に先着する馬が出現すると面白いが,いくら頭をひねってもイメージがわかない。秋以降であれば,シュバルツリーゼがその役割を担うべきだと思うが,現時点ではキャリア3戦でまともに走ったことがないので無理だと判断した。「3着までに入る馬は」という視点で考えた場合,先行馬では,距離が伸びて良さそうなロジャーバローズが魅力的である。母父の台本作者はフランスの伝統あるマイルG1を連勝しており,東京2400mに必要なスタミナを受け継いでいる。もう1頭,テーパリングがうまくいったレッドジェニアルに期待する。こちらは祖父Kingmamboが同じくフランスのマイルG1を制しており,母父マンハッタンカフェも凱旋門賞で13着に入っている。素晴らしい血統である。

【購入馬券】:ロジャーバローズの複勝100円
       レッドジェニアルの複勝100円

追記


nice!(2)  コメント(0) 

2019優駿牝馬 [競馬予想]

競馬のことは全く知らないが,オークスという大きなレースが開催されると聞き,初めて馬券を買ってみることとした。何でも経験しておくことは重要である。初めて競馬新聞を買い,初めて馬柱とやらを眺めた。初めて名前を聞くディープインパクトという馬の子が5頭,ダイワメジャーという馬の子が3頭,ヴィクトワールピサという馬の子が3頭出走するようであり,その父又は祖父はSunday Silenceという馬であるらしい。というか,全出走馬がサンデーサイレンスの子孫であるらしいことがわかった。そうであれば,全ての馬からSunday Silenceという要素を捨象すれば,個性が把握できるのではないかと思い,試してみた。

クロノジェネシスという馬の父Bagoは,日本人が劣情を催すというフランスで最も美しいレースを勝っているらしい。したがって,この馬が最も有力であると考えるのが穏当であろうか。過去のレース映像を見たところ,ゴールまで確実に伸びるようだが,爆発的にという感じではない。ということは,クロノジェネシスより前で上手にレースを進めることができ,それなりにスタミナのある馬に逆転のチャンスがあるのではないかと考え,フェアリーポルカという馬を本命にすることとした。祖父のKingmamboという馬は,フランスの大レースを3つ勝っているらしいので,かなり魅力的である。両馬をまとめて差し切るとすれば,母Stacelitaがフランスの大レースを3.5勝してるシェーングランツという馬かな。ビギナーズラックに期待!

【購入馬券】フェアリーポルカの単勝:100円
      シェーングランツの単勝:100円

追記


nice!(1)  コメント(0) 

トレーニング [走る]

最近,帰宅ランを減らし,スポーツジムでのトレーニングを主戦場としている。昨日はショッキングな事故があったが,関西は車の運転が荒く,歩道上ですら危険である。自転車も身勝手な運転が多い。また,深夜に歩道を走ると怖がられることもあるし,繁華街の近くではよく絡まれる。仕事を終え,ストレス解消を兼ねて真剣に練習しているのに,酒に酔った連中に馬鹿にされるのは気分が悪い。真面目な私は,真正面から対応してしまい,相手の怒りを買うことも少なくない。

そんなわけで昨日もトレッドミルの上を走った。ここ最近は速いペースでのインターバルトレーニングを中心としていたが,昨日はヒラメ筋に張りがあったこともあり,6〜7割程度のスピードでゆっくりとランニング。ピッチだけは隣の速いペースで走っている20代男子に負けないよう維持しながら60分間走る(意思は通じていなくとも,ライバル又は仲間の存在は大きい)。これだと疲労もほとんど蓄積しないし,フォームを維持したまま走り終えることができるので,たまにはこういうのもありかなと思った。
nice!(0)  コメント(0) 

多武峰

ゴールデンウィークに多武峰へ向かう。入鹿公のファンである私にとっては敵地そのものであり,ちょっとした緊張を覚える。ホテルには,春日大社のパンフレットが目立つように置いてあり,興福寺仏頭の写真なども飾ってある。何年経ってもやはりという感じ。もっとも,新緑に囲まれた雰囲気の良い宿で,食事も充実しており,一晩ゆっくりと過ごすことができた。

翌朝5時に起床し,Nikeズームスピードレーサー6を宿に置いたまま,多武峰を裸足ランにて駆け下りる。崇峻天皇陵にお参りする予定であったが,思った以上に距離がある上,小石が多くて足裏が痛み,出発予定時刻に間に合わなくなるおそれがあるため,1km手前で断念し,ホテルへ引き返す。千数百年前,敵もこのようにして山頂まで往復したのだろう。飛鳥の地はすぐ麓にあるが,簡単にはたどり着けない。こんなに奥まで隠れて密談をしていたのかと思いを馳せる。

談山神社を観光しようかどうかと迷ったが,入鹿公との関係や,数日前に石上神宮大神神社を参拝していたことから違和感があり,今回は見送ることとした。近い将来,再び多武峰を訪れる機会があると思うので,その際,崇峻天皇陵にお参りし,談山神社を観光しようと思う。
nice!(0)  コメント(0) 

Tribunal de la famille japonais

Au Japon, le tribunal de la famille interprète ou applique le droit civil selon un dogme spécifique et refuse d'autres valeurs.
Les membres du comité d'arbitrage et les enquêteurs du tribunal de la famille ne répètent que l'expression "intérêts de l'enfant" et refusent de discuter.
nice!(0)  コメント(0) 

マイナーな本を購入する際に利用する書店比較

【紀伊國屋書店梅田本店】の良いところ
 ・駅から近く,誰でも気軽に立ち寄ることができるため,客層が幅広い。
 ・ワンフロアなので,店内の移動時間が短い。
 ・洋書が比較的安価で販売されており,英語以外の言語の本も充実している。

【MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店】の良いところ
 ・本が多い。
 ・フロアがゆったりしている。
 ・駅から遠く,わざわざ行く人が多いので,本を丁寧に扱う客や他人への配慮ができる客が多い。
 ・店員さんが早足で衝突してきて謝罪もしないということは絶対にない。
nice!(2)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。